NANOHANA_4   あの一瞬がすべてだった

NANOHANAの、

デザインプロセスはこれで終わりです。

指で描いたその絵をスキャニングし、

データ上で修正し、

再び紙出力し、その上に絵の具で修正を・・・



さらに修正を ・・・



それを数回繰り返し、

最終的にあのデザインになりました。

色を減らしたり、形をととのえたりして、

原画とはちがった模様に

落ち着いたけれど、追いつめられて、

指で黄色を塗りはじめたあの一瞬が、

この生地のすべてだったなと思います。

思いがかたちになるときの、

やり方や進め方なんかまでは、

自分が知っているやり方の中で、

前もって準備できるものではなく、

運にまかせるしかないんや、って

いっつも思います。


0コメント

  • 1000 / 1000