8月

こんにちは。

今日から8月になりますね。

私が今年挑戦している

しりとりカレンダーは

遅れに遅れて、まだ6月末です。

毎日やろうと決めたことも、

こういう感じで遅れてくるところが、

人間らしくて、いいかんじです。


さて先日、奈良の機屋さんの

工場見学に行ってきました。

たったひとりの見学者も、

快く引き受けて下さって、

とてもすばらしい会社でした。

私の商品を置いてくれた雑貨屋さんや

私が生地を染めてもらっている工場や

そこの型屋さんとかもそうなんですが

売れっ子でもない、

華々しい受賞歴があるわけでもない

この先どうなるかもわからない

無名の時期に、こうやって

どことも比べずに

親切にフラットに対応してもらえたら、

このご恩を決して忘れないという

浦島太郎の亀のような

気持ちに、ほんとになります。

いま、このブログを読んでくれている人も

もちろんみなさん浦島太郎です。

助けてます、亀を。


話を戻しますが、

工場では、蚊帳生地が織られていました。

蚊帳生地のふきんは、最近人気があります。

目が粗いので、使う糸が少なくてすみ、

生地の値段が安く、しかも使い心地が良い

という、すばらしい生地です。

ふきんは、安くて、毎日使うもの。

毎日の生活に寄り添った生地製品です。

わたしはふきんという存在に

とてもあこがれます。

日常にとけこむ仕事は

とても魅力がありますね。

そういう仕事ができるようになるために

まずは自分の日常を見直す8月に

しようと思います。



0コメント

  • 1000 / 1000